BOYSCOUT STOOL






ランディ・ニューマンが歌う『Daytona,OHIO-1903』
という曲が頭の中に流れたのは2013年5月に
アメリカのオハイオ州を車で旅していたとき。

田舎道路の両脇は芝生で、アメリカらしい家がぽつんぽつんと
芝生の上に建っていた。そんな景色をぼおーと眺めながら車を走らせていたら、
一つの家の前でガレージセールがひらかれていた。

車をとめてのぞいてみると、パンクしたままの自転車や壊れた壁掛け時計、
どこのメーカーなのかもわからないようなスピーカーなどが無造作に置かれていた。
その中に欲しいものなどあるはずもなく、わかっていたのにどうして車をとめて
わざわざのぞいたのか。
きっとそれは、そこに集まって店番をしていた三人の男たちが
あまりに魅力的だったから。

まったく売る気などなく、いつもの近所の仲良し三人が集まって
だらだらとくだらない話をしているだけ。
その光景に強く惹かれた。
そこで、件のランディ・ニューマンの曲が頭の中に流れたのだ。





昔の歌を歌おう
その頃は何もかもがゆっくり流れていて
人々は道で立ち止まって『やあ』と挨拶を交わし
お茶でも飲まないかと誘い合う
そんなふうに一日を過ごすのはとても素敵なこと
1903年 オハイオ州デイトンの
あるけだるい日曜日の午後の話




ガラクタが並べられたそのガレージセールの中で
どんなものより素敵だったのは三人の男たちが
座っていたフォールディング・スツールだった。



































BOYSCOUT STOOL



size:w400 x d400 x h800

material: beech / waxed cotton

finish: oil,beeswax


















 


Something to think about